精油の王様 フランキンセンス

乳がん手術。

胸全摘出は女として、本当に辛いですよね。

友人も片側全摘出して、今抗癌剤治療中。

私自身も20歳前半右胸にしこりがあり、某総合病院に診察に行って
「検査してみましょう」が摘出検査で局部手術だったため
怖くて哀しくて大泣きビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

8年ほど前に左胸にしこりが見つかり同じ某総合病院にて
ホッチキスのようなもので細胞を摘出して検査した経験があり
それだけでも 涙が止まらなかった覚えがあります。

でも・・・・今は

アロマのお仕事をするようになって、ドテラに出会い、
そのメディカルな使い方も学べ研究データや
実際の体験談などの情報が入ってくるようになり
とても心強い気持ちです。

※メディカルなアロマの使い方には個人差があり

肝臓に影響を与えますので、注意が必要です。

あくまでも飲用が許されているもののみご使用ください。

 

癌細胞にも効果がある?

◎イギリスのレスター大学の研究結果で、末期の卵巣癌の患者に、
フランキンセンスが副作用もなく癌細胞を消滅させる事が明らかに。

◎ダラスのベイラー大学医療センターでは、乳がん
また、他の機関では、皮膚癌、肝臓癌、リンパ癌の癌細胞を死滅させた事が明らかに

引用:メディカルアロマ・セラピストの森田ともえさんの記事

抗癌剤治療はモチロン、薬物治療による副作用の抑制にもフランキンセンスはいい仕事してくれます。

私自身も予防のため毎日寝る前、舌下に1滴垂らして寝ています。(自己責任)

※全てのアロマが飲めるわけではありません。
飲めるアロマは栽培から製品加工において、全行程で添加物を含まないのはモチロン、

濃縮される事によってできる残留農薬成分も何度もチェックし

第三者機関にて高品質な成分チェックも行い、独自のCPTG基準に達しているもののみが

製品化されているという意味でも安心してドテラをオススメしています。

 

関連記事

  1. EOでインフルエンザ予防

  2. 芳香法はデュヒューザーだけじゃない。

  3. 咳の種類にあわせてアロマを選ぶ

  4. トラウマやブロックの解放

  5. キリストが選んだ“フランキンセンス”の意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。