陰陽説

中医学(東洋医学)陰陽説は、大自然に存在するもの(人間も含む)、すべてが『陰陽』ふたつに分ける考え方です。

『陰・陽』は分離することは出来ず互いに補う合う関係で、反対の性質を持っていますが、普通は、一方の勢いだけが強くならないように、相手を押さえつける関係です。

『陽』は、ものごとの動的側面をあらわし、火に代表されるような熱や活動の象徴であり、熱性・乾性。

『陰』は、ものごとの静的側面をあらわし、水に代表されるような寒さや静けさの象徴であり、冷性・湿性。

このバランスが崩れる事で、不調になる。

*陽が極まると陰になり、陰が極まると陽になる*

孔子は言い残しました。

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」

ナルホド

関連記事

  1. 七夕飾りの短冊は五行説

  2. 外傷にはミネラルシップ!

  3. 昼休みヨーガ個人レッスン

  4. 経絡アロマ・トリートメントとは

  5. 足の痛みがなくなりました。

  6. 体調と時間に合わせてお選びください。

  7. 東洋医学を基に“未病にアプローチ!”自己治癒力UPのサポート…

  8. ももち健康塾☆継続の力は皆勤賞??? (*´∀`*)

  9. やったらやった分!結果がでる

  10. メディカルアロマ・クラフト講座Vol.2:ルームスプレー

  11. バスご利用の道順

  12. 考え事の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。