陰陽説

中医学(東洋医学)陰陽説は、大自然に存在するもの(人間も含む)、すべてが『陰陽』ふたつに分ける考え方です。

『陰・陽』は分離することは出来ず互いに補う合う関係で、反対の性質を持っていますが、普通は、一方の勢いだけが強くならないように、相手を押さえつける関係です。

『陽』は、ものごとの動的側面をあらわし、火に代表されるような熱や活動の象徴であり、熱性・乾性。

『陰』は、ものごとの静的側面をあらわし、水に代表されるような寒さや静けさの象徴であり、冷性・湿性。

このバランスが崩れる事で、不調になる。

*陽が極まると陰になり、陰が極まると陽になる*

孔子は言い残しました。

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」

ナルホド

関連記事

  1. 汗をかく季節・・・良い汗と悪い汗とは

  2. 季節の変わり目は要注意!!

  3. ももちヨーガ|膝周辺の痛みに鼠径部ストレッチが効果的

  4. 志免町からリウマチでお悩みのお客様

  5. 虫除け・虫刺されレシピ

  6. 秋の乾燥に…潤す効果のあるオススメ精油

  7. お車でお越しの方

  8. 暑さで弱った胃腸を優しくケアしていく精油

  9. 最近、疲れやすく、肩から背中までコリがひどい…と大手ブランド…

  10. こだわりの聖なる香り

  11. 脚を太くしてしまう一番の原因

  12. 南区和田から、スッキリ感がすごかった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。