陰陽説

中医学(東洋医学)陰陽説は、大自然に存在するもの(人間も含む)、すべてが『陰陽』ふたつに分ける考え方です。

『陰・陽』は分離することは出来ず互いに補う合う関係で、反対の性質を持っていますが、普通は、一方の勢いだけが強くならないように、相手を押さえつける関係です。

『陽』は、ものごとの動的側面をあらわし、火に代表されるような熱や活動の象徴であり、熱性・乾性。

『陰』は、ものごとの静的側面をあらわし、水に代表されるような寒さや静けさの象徴であり、冷性・湿性。

このバランスが崩れる事で、不調になる。

*陽が極まると陰になり、陰が極まると陽になる*

孔子は言い残しました。

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」

ナルホド

関連記事

  1. 体調と時間に合わせてお選びください。

  2. ヨーガ|癒しと解放の音楽♪

  3. 地下鉄『赤坂駅』からの道順

  4. 冬の乾燥肌にお役立ち♪ アトピー&湿疹・かゆみ全般

  5. ふたご座の新月は、良い知らせが届くお願いを

  6. バスご利用の道順

  7. 佐賀県神崎市から身心のリセットに♪

  8. ドテラ|エッセンシャルオイルの成分

  9. 気負い無く出来るから、続いています!!!

  10. 自転車と衝突して軽傷・・・痛さをこらえてご来店。

  11. なかなかとれない肩こり!セルフメンテ

  12. セラピストにこそ絶対必須!身心のメンテナンス♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。