古代自然療法・・・芳香療法

起源は古くさかのぼり、古代エジプトからともいわれています。

様々な植物から抽出された精油は、大変高濃度なものであるため、通常はキャリアオイルなどで薄めて用います。

各植物の精油には、独自のバランスで様々な自然の有機化合物が入っており、これらが嗅覚を通して体内に入り脳に至ったあと、大脳に伝えられた情報が自立神経系・免疫系・内分泌系に働きかけます。

芳香療法は香りを楽しみながらも、穏やかに心と体のバランスを整えていくことが出来る古代からの自然療法といえます。

関連記事

  1. 北九州市門司から、耳鳴り・難聴に、レイキだけでも…

  2. 脚を太くしてしまう一番の原因

  3. 冷えを感じやすく、疲れやすい

  4. 手当て療法

  5. 赤坂から経絡ヒーリングアロマで10歳若返り(^-^)

  6. 身体に悪しきは食材にあらず、人にあり

  7. 外傷にはミネラルシップ!

  8. 手軽に出来る、簡単マッサージ

  9. 汗をかく季節・・・良い汗と悪い汗とは

  10. 当日の予約について

  11. 耳鳴り・難聴の改善に北九州から

  12. 自転車と衝突して軽傷・・・痛さをこらえてご来店。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。