中医学『五行説』(相生・相剋関係)とは

中医学『五行説』は循環する五つの位相、あるいは陰陽の気の動きで、自然界の木・火・土・金・水の印象によって自然の力が、自然科学や暦、天文学、音楽、人間の精神や肉体、あらゆるものを『五行説』のどれかひとつに振り分ける考え方です。

「木」は樹木のように木や枝のように成長する性質。 

「火」は強烈なパワーで熱く燃え上がる性質。 

「土」は大地のように全ての基礎となる性質。

「金」は金属、鉱物のように重量感がある下へ沈む性質。

「水」は形を変えてどこにでもなじむ性質。

この五つの性質は絶妙な関係でお互いのバランスを保っており、代表的な関係が『相生・相剋関係』です


相生(生み育てる)関係 右矢印

をこするとが生まれ、が燃え尽きると灰が生まれ、が重なってが生まれ、は溶けて水(液体)となり、を育てる。


相剋(抑制する)関係

物で切られ、に消され、に養分を取られ、に溶かされ、に流れを止められる。

力の弱まったものは、『相生の関係』で、励まし、強まりすぎたものは『相剋の関係』でなだめて、全体のバランスを取っています。

自然治癒力によって、絶えずバランスを取ろうとしている自然界

関連記事

  1. ベリーヨーガ・ワークショップ

  2. マタニティヨーガ|むくまなくなりました♪

  3. MZアルケミストオイルとサトル・アロマセラピー

  4. 植物の波動を上手に取り入れましょう♪

  5. ドテラ|エッセンシャルオイルの成分

  6. 70歳を過ぎてからでも姿勢を褒められる!!

  7. 季節の変わり目は要注意!!

  8. ヨーガについてのよくある質問

  9. 冷えを感じやすく、疲れやすい

  10. お車でお越しの方

  11. ハイヤーセルフのメッセージ!?

  12. 人間は大自然そのもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。