キリストが選んだ“フランキンセンス”の意味

気軽に通える女性の為のヨーガ&経絡アロマヒーリングルーム。

大手門 Samadhi(サマディ)小野です。

.。.:*・゚Merry-X’mas:*・゚。:.*

今宵は聖夜。

皆様は素敵なひとときをお過ごしでしたでしょうか?

今朝の『あさチャン』齋藤先生の一分コラムで
クリスマスは、本来24日の日没から25日の日没の事を指す
と言っていましたが皆さんご存知でした?

24日の夜のみが聖夜=クリスマスイブ
キリスト誕生前夜祭

新約聖書の中に、東方の三使者が「母マリアのそばにいる幼子にひれ伏し、黄金(偉大なる商人のシンボル)、フランキンセンス(偉大な預言者のシンボル)ミルラ(偉大な医者のシンボル)などの貢物を捧げた」とあり、その時キリストは、“フランキンセンス”を選んだと言われています。
(ここでいうフランキンセンスやミルラはオイルではなく乳香と没薬といわれる樹脂)

フランキンセンス

 

日本でも1歳の餅ふみの時に同じような風習がありますね☆彡
(さすがに使者が届けてはくれませんが・・・)

我が家は、好例のファミリークリスマス。
長女とお孫ちゃん二人も一緒に
賑やかに過ごしました。

今宵はキリストを感じながら
神経系にも作用して、精神の解放を促す
フランキンセンスを足裏に塗って
床につきます。

おやすみなさい。

関連記事

  1. 咳の種類にあわせてアロマを選ぶ

  2. トラウマやブロックの解放

  3. EOでインフルエンザ予防

  4. 精油の王様 フランキンセンス

  5. 芳香法はデュヒューザーだけじゃない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。